にくくなったり、儚くなったり、苛苛したり・・・PMSによる不安定な核心状態は栄養剤でコントロールしよう!

PMS(月経前症候群)では、突如気分が落ち込んで硬い悲しみに襲われたり、ふとした結果イライラして個人を抑えられなくなったりするなどの不安定な心理状態に陥りがちになります。
そういった心理恰好は、主にPMSの影響で脳内で分泌されるセロトニンが減少することによって引き起こされている。

脳内でセロトニンの濃度が上がると逆鱗の昂奮が抑制されて憂さ晴らし威力がもたらされるので、苛苛や抑うつなどの心理恰好が生じても心を直ちに変えることができます。
但し、セロトニンの分泌嵩が減少すると、癇や悲しみで興奮した逆鱗を抑えられなくなる結果、無念や悲しみ、苛苛が激しく伸びるというわけです。

セロトニンの下落は主にホルモン釣り合いの不整が起因なので、おばさんホルモンのバランスを整えるPMS栄養剤を摂取するのが有効です。
例えば、地中海沿岸などで自生するチェストツリーのフルーツです「チェストベリー」には、おばさんホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。
また、豚や馬ものの鳥獣の胎盤中核ですプラセンタには体内のホルモン分泌を調整してホルモンバランスを整える作用があるので、苛苛や抑うつなどの心理恰好にお心配の側は、そういった材料が配合されたPMS栄養剤によるのがお求めだ。【夏の新定番】飲む日焼け止め、日焼け止めサプリ比較・紫外線対策

▲ページトップに戻る